チャペル挙式の流れ

チャペル挙式の流れ

チャペル挙式の流れ リハーサルやレクチャーが行う事があるものの、どのようなチャペル挙式であってもその流れは共通しています。
まず花嫁が最後の身支度であるベールダウンをし、ゲストたちが待つ協会に向かい、その間に新郎が会場に入場するのがチャペル挙式の新郎新婦の入場です。花嫁は父親か親族とともに入場して祭壇前へ移動し、その後は教会にいる全員で賛美歌を歌います。余談ですが、祭壇に向かって右側の席に新郎の関係者であるゲストが、左側の席に花嫁の関係者であるゲストが座るのが常識です。
讃美歌を歌ったら、いよいよ本格的な式の幕開けとなります。
神父もしくは牧師が聖書を朗読し、次に花嫁と新郎に問いかけて誓約を確認をし、その証に結婚指輪の交換です。そして2人が手を重ね、そのうえに神父あるいは牧師がさらに手を重ねて祈りを捧げたら3人で結婚証書にサインします。この時サインするのは神父もしくは牧師ではなく、証人に選ばれた人間でも構いません。
これで結婚が成立した事が認められ、あとは花嫁と新郎は腕を組んで退場していき、フラワーシャワーなどを浴びせて終了となります。

チャペルで挙式を行う場合のマナー

チャペルで挙式を行う場合のマナー チャペルでの挙式の場合、宗派としてはキリスト教のものとなります。最初の注意点は、キリスト教には結婚する二人のうち最低一人は信者でないと式を行うことが出来ないカトリックと、その殆どが信者でなくても結婚式を挙げることが可能なプロテスタントがあるので式を行いたい場合予め調べておくのが必要です。
チャペルを行うまでのマナーとして、まずゲストの服装は控えめにする点で具体的には、新郎新婦よりも露出があったり派手だったりするのはいけません。女性の場合白い衣装は花嫁とかぶるのでそれも控えます。そしてカジュアルな服装も避けることがポイントです。
式を行う時のその他注意点は、バージンロードを踏まないことが挙げられます。これはバージンロードは、花嫁が歩く神聖な道であるためでゲストが踏むのは非常に怪しからぬ事となります。特に子供連れだとうっかり子供が踏むことも起こり得るので、親や保護者が手を繋ぐなどしてバージンロードを踏ませないようにしましょう。

新着情報

◎2021/1/6

2人だけで行うことも可能
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

チャペル挙式の流れ
の情報を更新しました。

◎2020/7/14

式場の選び方
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「挙式 マナー」
に関連するツイート
Twitter