チャペルで挙式を行う情報が満載です!

このサイトでは、チャペルでの挙式での様々な事柄について解説しています。
初めての方はわからないことや不安なことが色々あるかもしれません。
そこで多くの女性が憧れている式であることや、貸し切りで行うことができるというメリットがあること、キリスト教徒でなくても無宗教でも問題なく挙げることができること、さらには式場の選び方や式の流れに至るまで触れています。
これらのことを知れば、多くの疑問や不安が解決することでしょう。

チャペルで挙式を行なうことは多くの女性の憧れ

チャペルで挙式を行なうことは多くの女性の憧れ チャペル式で挙式を行った方々からアンケートと取ると、チャペルで挙式を行なうことは多くの女性の憧れであることが分かってきます。
どういうところに憧れを抱くのかと言うと、まずウェディングドレスを着ることができるということです。
神前式であれば白無垢、チャペル式ではウェディングドレスです。
どんな衣装に身を包みたいかによって、選ばれる挙式スタイルが変わってくるということでしょう。
ただ日本人として白無垢も着たいという方も少なくなく、披露宴で白無垢にお色直しをする方も多いようです。
2つ目にチャペル式で行われる指輪の交換や永遠の誓い、美しい讃美歌など、式の中で行われることに憧れを感じている方も多くあります。
さらに、教会という建物で結婚式を行うことに憧れている方もあるようです。

挙式専用施設であるチャペルと教会の違いについて

挙式専用施設であるチャペルと教会の違いについて チャペルと教会は同じような意味で使用されていますが、実は全く違うものです。
チャペルとはもともとキリスト教における「礼拝堂」を意味していましたが、現在では企業が運営する挙式専用の建物で、結婚式に必要な設備やサービスがある施設を指します。
一方の教会は宗教施設で、信者が礼拝を行うために作られているため荘厳かつ厳粛なイメージが特徴です。
教会で結婚式を挙げることもできますが、儀式を優先するため信者の集まる時間帯や日曜日は挙げられないこともあります。
チャペルは特定の宗教に関係なく挙式を挙げられることが特徴で、内装が白で統一されていたり豪華なステンドグラスの装飾が施されている他、建物内部からのロケーションを重視していることが多く、国内のキリスト教式の結婚式会場として広く利用されています。
チャペルでの結婚式にかかる費用は大きく分けて挙式料と装花代、聖歌隊の演奏代となっており、会場によって金額は異なりますが、一般的には式代が10万円で装花代は5万円、演奏代が5万円前後が相場です。
これらが全てセットになっているさまざまなプランが用意されている他、自分たちで考えて式を挙げられるなど自由度も高くなっており、写真映えのする撮影ができることから高い人気があります。

結婚式に関する情報サイト

大阪でできるチャペル

新着情報

◎2021/1/6

2人だけで行うことも可能
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

チャペル挙式の流れ
の情報を更新しました。

◎2020/7/14

式場の選び方
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「挙式 チャペル」
に関連するツイート
Twitter